「コントラストの白いは七難押し隠す。」
産まれた季節から一緒に暮らしていた祖母が口ぐせのように言っていた文字だ。
長く、祖母が勝手に作って言っていた文字だと思っていましたが、必ずや言葉として存在していて、意味は「コントラストの白い女性は外見モデルにしばらくデメリットがあっても上手く感じる。」という意味です。
大人になったあたしにはすごく納得できる意味だ。
透明感のある表皮、恒久の憧れですから。
ですが、ぐっすり意味も分からず「ふーん」と聞いていた間から、ある種洗脳のように表皮が焼けないように気をつけていました。
祖母の影響で、割と若い時から美白を意識していたので歴史も入っています。
まるで、日傘は必須です。
曇りの日も差します。
悪い傘は差し止め、こうもり傘だ。
父親と共に歩いているって時々当たって、意外と不具合みたいにされ続けていますが、仕方ありません。
そうして、至高遮光というものを選んでいらっしゃる。
UVはのちから降り注いでおるだけではなく、土からの跳ね返りもあり、それをカットするためです。
古くなった日傘もダメです。
UV不要の対処は摩耗して本来の効果はありません。
少ない物を買って、何度も買い換えるよりは、至高遮光の傘を長く使うほうがコストパフォーマンス的にはいいかもしれません。
日焼け止めもきっちり塗ります。
瞳からいらっしゃるUVの不要のためには色眼鏡も必要です。
そうして、透明感のある表皮のために必要な事は、日焼け終わるだけでは不足だ。
くすみのない表皮が理想です。
くすみを予防するために気をつけてある事は、なるべく表皮を触らない事です。
スキンケアの時も、こすらず、トントンというメーキャップ水を浸透させていくようにしています。
乳液、クリームなどもトントン、という感じです。
そうして、表皮は乾燥すると黄色っぽくなるので保湿はふんだんに。
炊きたてのごはんって、カピカピになったごはん粒のコントラストを調べる真っ裸。
洗浄のあと外見を拭く時もゴシゴシ拭かず、手拭いをひそひそ割振る程度で。
寝入る時も寝具が表皮にあたらないように気をつけていらっしゃる。
くすみの一番の原因はスレです。
美容の事を意識すれば始めるほど、面倒くさいです。
日傘も積荷になるし、スキンケアだって時間がかかるし本当はチャチャッって終わらせたいだ。
も、表皮を褒めらたりするとそれだけでその日日帰り幸せな気持ちで過ごせ、鏡を見て表皮のテンポがいいとお化粧するのも面白くなります。
こうした、一年中を幸せな気持ちで送れるポイント、楽しめる事はさすが奥様において、キャラクターにおいてとっても大切で、一生を豊かにしてもらえるものだというんです。ジェイゾロフト

ちょっとしたチャレンジで幸せな気分を味わえるので、「あーややこしい!」と思っても頑張らずにはいられません。