基本的に太っているということはない私ですが、自分の宿命を振り返ってみると最高峰顔も歩きも満杯に太っていた位は教え子から成人2年頃まぶたぐらいだ。お年で言うのであれば、19~24歳ぐらいが一番今までの中で太っていました。写真を撮るという顔が真ん丸、全身を見ると最も下半身が太っていたた結果大腿が厚くジーパンを履く度キツく考えるようになり、ますます座っているって歩きが痺れてきていました。

そういった自分でもどうして太ってしまったか分かっていました。それは菓子パンが好き、脂っこいメニューが好きでするどくファストフード暖簾に通っては、大勢食べていたからだ。自業自得でしかないのですが、やっとこういう脂肪らといったお別れしたいと考えて、いくつかの減量施術に勝負を通してみました。

それではバナナ減量。朝食だけバナナに切りかえるだけという簡単な減量施術。テレビで紹介されていたため教え子の頃に試してみましたが、実際早朝にバナナ1読物しか食べないので胃腸が空いてしかたがなかったです。元来胃腸が空いてしまうのでスナックをつまんでしまい意味が無く元来、直ちにバナナ減量は棄権しました。次に挑戦したのはレコーディング減量。これは覚え書きなどに自分が早朝・昼間・夕って食べてきた売り物のカロリーを記載してワンデイトータルでどれくらいのカロリー補充をしたのかを分量で見て自覚して行くという減量施術。これはバナナ減量よりも続きました。但し、こういう減量施術を通じて数日経って気づいたのです。カロリー口外も細かく書いてない食物が多いことに。パン1個とかだとわかりやすいのですが、gでの口外になるとどうして計算していいのかわからなくなり、適当に書いてしまい自分に甘えが出てきてしまっていました。そのためほとんど書いていても意味がないことに気付き辞めました。そうして最後にたどりついた減量施術は、野菜から食する減量。これは自分でタイトルを考えたのですが、お腹が空いているってついつい食べ物や惣菜にしかたが出てしまいますが、そこは抑えて野菜から食するようにしました。野菜から摂る結果、胃腸が満たされ炭水化物の食べ物をよく摂らなくてすむようになります。するとグングンウエイトは減少して赴きボディーも細くなり、減量成功しました。無理をして痩せこけるよりも、料理の摂る等級を切り換える結果減量できますので願わくは試してみてください。サワシリン